和装挙式スタイル 海外の方がうらやむ日本の文化『着物』|ロイヤルカイラの『ハワイ和装ウェディング』

日本国内受付番号(受付時間11:00~17:30 )
050-5807-3641 050-5807-3641

サロン予約

menu

海外の方がうらやむ日本の文化『着物』

神前式と言えば、和装の花嫁衣裳です。教会やチャペルでの純白のウェディングドレスも素敵ですが、着物は厳かで美しい日本の文化です。今、和装挙式は海外の方からも注目されています。和装挙式をされる際は、和装撮影も行ない、美しい思い出を永遠の形として手元に残しましょう。

種類豊富な着物

種類豊富な着物

神前式と言えば、白無垢を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は、神前式の婚礼衣装は白無垢だけではありません。他にも様々な種類があり、生地の種類や色・柄・模様、デザインにより花嫁様の雰囲気が大きく変わります。海外の方からも一目おかれる挙式に使用する着物についてご案内致します。

白無垢

生地の表裏が白で統一されている白無垢。白は、神聖な色、汚れのない色を意味します。そのため、白無垢の花嫁さんは、清純で厳格な雰囲気が漂っているのです。白と言えば「あなた色に染まります」と言うロマンティックな意味も有名です。
白無垢と一言に言っても、様々な柄や素材があり、裏地の色が違うだけでも印象が変わってきます。

打掛け

白無垢と打掛けを比較すると、白無垢の方が格上とされていた時代もありましたが、今はどちらも変わりがないと言われています。打掛けの色は白以外を用いますが、特に何色を使わなければならないと言った決まりはありません。赤や金などを良く見かけますが、青や黒、緑やピンクなど、様々な種類があり、色や模様で華やかになったり凛とした雰囲気になったり、選んだ打掛けで印象が変わりますので、理想のイメージを持つことが大切です。

黒引き振袖

黒と言うと喪服を想像する方が多いですが、昔は黒い色はおめでたい時に着る色でした。
黒が好きな若い方は多く、根強い人気があります。黒引き振袖は「お引きずり」とも呼ばれ、袖丈の長さが和装の中で一番長い着物です。
色打掛よりも軽く、鶴や松竹梅などおめでたい柄の帯が多いのが特徴的。

十二単

平安時代から伝わる歴史ある衣裳、十二単。雅で華やかな宮中を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。重さは20キロ近くあるのですが、憧れる女性が多い素晴らしい衣裳です。十二単の花嫁様も神前式ではよく見かけます。

新郎の和装

花婿様の和装の第一礼装は、五つ紋付羽織袴。羽二重の羽織を着て、縞柄の袴を合わせます。定番は黒ですが、最近は白や紺、茶色なども。足元は、白足袋・白草履が基本です。

現代の和装

私たちが現代で一番馴染みのある和装と言えば、やはり夏祭りなどで着る「浴衣」ではないでしょうか?浴衣姿で夏を楽しむ人々は、とても華やかに見えますよね。私達を上品に見せてくれる和装は、女性の美しさを引き立てる衣裳でもあります。
最近では現代風にアレンジされたデザインの和装衣裳も増え、有名人の神前式では少し変わった着物が注目されました。衣裳だけではありません。髪型も昔の和装とは変わりつつあります。かつらに抵抗を感じ、和装に洋風な髪型を合わせる女性も増えています。和の装いながらも流行を取り入れることで和装への敷居が低くなり、若い方も自分らしくおしゃれに着物を着こなしています。

外国人にも人気がある和装挙式

華やかな和装

和装挙式と聞けば、神社や寺院で挙げるイメージがあるのではないでしょうか。昨今は伝統ある古い邸宅や昔の酒造を利用して「文化財ウェディング」も人気です。由緒ある建物は格式高い雰囲気で、まるで絵画のよう。美しい日本庭園が広がる建物もあり、写真映えします。中には、挙式はせずに和装撮影だけを行なう方も。そんな日本での和装挙式・和装撮影は、日本人だけではなく外国の方々にも人気があります。
風情ある和風挙式をハワイで挙げることで、日本の和装挙式ともハワイの洋装挙式とも違う雰囲気を味わうことが出来るのです。ハワイの青空の下、日系移民たちが立ち上げた神社で挙げる神前式は、新郎新婦にも参列者にも印象深いウェディングとなること間違いありません。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。