ハワイ和装挙式で人気の色打掛|ロイヤルカイラの『ハワイ和装ウェディング』

日本国内受付番号(受付時間11:00~17:30 )
050-5807-3641 050-5807-3641

サロン予約

menu

ハワイ和装挙式で人気の色打掛

近年の和装挙式ブームで「こんな着物で結婚式がしたい」と願う花嫁のみなさんの多くが、
白無垢よりも色内掛けにあこがれて、前撮りやお色直しに取り入れるようになりました。
古くは白無垢より格下とされていた色内掛ですが、
近年は白無垢と同格の扱いをすることも珍しくなくなり、
和装婚の代表的な衣装とされています。
もちろん小物まで白一色で統一された白無垢も花嫁衣装らしくてステキですが、
ハワイの澄んだ空や強い日差しにはたくさんの色を使った鮮やかな色内掛がよく似合います。

色内掛とは

色内掛とは

白無垢以外の内掛のことで、明治以降現在に至るまで一般の花嫁衣装として着られています。豪華で重量感があり、生地に華やかな装飾が施されているのが特徴です。

挙式で着ることもできますが、一般的には今でも挙式には白無垢や黒引き振り袖を着て、披露宴に色打掛を着る女性が多くみられます。結婚式や披露宴で着た時の重さや動きづらさが気になる女性には、フォトウェディングでの着用がおすすめです。

ハワイでの色内掛

ハワイでの色内掛

ハワイの日差しや景色の中で和装挙式をするなら、おすすめは「新和装」。伝統的で格式高い色内掛もいいですが、最近増えているオーガンジーやレースなどの素材を使ったドレス感覚の和装も人気が高まっています。

また色内掛を着るときはかつらではなく、ぜひご自身の髪をヘアアレンジしましょう。ハワイの大きな生花を髪に飾って、現代風にコーデすると強い日差しにもよく映えます。

選び方

選び方

生地の色や柄によって、印象が大きく異なるのが色内掛です。好みで選んでも、実際に着てみると印象が合わないことも。

ポイントは体型と柄のバランス。背が高い女性には大きな柄、背の低い女性には小さな柄が基本的にはしっくりきます。

また、着物は後ろ姿の美しさも重要なので帯がきれいに見えるものを選びましょう。試着の際に後ろから写真を撮ってもらうなどして、外袖の柄の見え方などと共に確認を。

ハワイらしいカラーで

ハワイらしいカラーで

色内掛というと、まっさきに定番の赤や最近人気の黒が浮かぶと思いますが、ハワイで和装挙式をするならハワイに合った色内掛はいかがでしょうか?

グリーンや水色、ブルーなど、寒色系の内掛はまだちょっぴり珍しいので、他の花嫁さんたちとはひとあじ違った仕上がりに。ピンクやオレンジを差し色に使うことで、女性らしい柔らかな雰囲気も出てきます。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。