和装挙式の参列者のマナー|ロイヤルカイラの『ハワイ和装ウェディング』

日本国内受付番号(受付時間11:00~17:30 )
050-5807-3641 050-5807-3641

サロン予約

menu

和装挙式の参列者のマナー

和装挙式といえば基本的に神前式で行いますが、
以前は親族のみが参列していた神前式も最近は友人や会社の同僚が参列することも珍しくなくなっています。
ますます身近になる和装挙式も、いざ招待されるとちょっぴり緊張してしまう方も多いのではないでしょうか。
厳かな神前式で恥ずかしい思いをしないように、作法やマナーを事前にチェックしておきましょう。

服装のマナー

服装のマナー

ゲストも和装でなくてはならないのかというとそうではなく、洋装でも構いません。ただし肌の露出をひかえるのがマナー。殺生を連想させる毛皮や動物の皮を使ったアイテムもタブーです。また、神前式で女性が気を付けたいのが足元。基本的に神殿内での素足は厳禁なので、その後のパーティーに合わせて素足で来る方もストッキングを持参してください。

良い機会なので姉妹や友人も和装で参列するのもおすすめですが、花嫁より控えめであることはもちろん、着物の色もかぶらないように気を付けましょう。

なお、三親等までの親族なら両家両親よりもやや控えめの正装まで着用することもあります。

荷物は最小限に

荷物は最小限に

同じ和装挙式でも結婚式場で行われる場合は違いますが、神社にはご存知の通りロッカーやクロークはありません。

荷物を一つにまとめたとしても荷物が大きいと式の正しい所作ができないこともあるため、必要最小限のものだけを小ぶりのバッグに入れましょう。

神前式の進行

神前式の進行

式については斎主や巫女さんたちが進めてくれるので、ゲストが進行や作法を心配する必要はありません。

しかし神前式では新郎新婦、家族、親族、友人という順で神殿に向かい、その後全員で参拝する流れになっているので途中から参加するようなことはできません。式の前に神社や式場の関係者から信仰の説明もあるので、式が始まる時間より20~30分前には控室に入りましょう。

挙式中のマナー

挙式中のマナー

神前式でのいつもとは違う雰囲気に落ち着かず、慣れない所作にちょっぴり緊張するかもしれません。そんな時つい隣の友人に話しかけたくなる気持ちはわかりますが、神前式は神聖な儀式。私語はつつしんでください。参列するゲストとしても心を静かに、新郎新婦の門出を見守りましょう。

またキリスト教の教会式でも同様ですが、挙式中の写真撮影は許されていないのが一般的です。特に神聖な神殿では、専属カメラマンのみが撮影を許可されていることがほとんど。

お祝い事なのでどうしても写真におさめてSNSで列席者以外にも見せたい、というゲストは必ず神社に事前確認をしてください。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。